MacOS「localhost:8080」問題

MacOSであらゆる8080が表示されない

$ curl localhost:8080
curl: (52) Empty reply from server

$ curl 127.0.0.1:8080
<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0">
    <title>frontend</title>
  </head>
  <body>
    <div id="app"></div>
    <!-- built files will be auto injected -->
  <script type="text/javascript" src="/app.js"></script></body>
</html>
  • ESETが悪さをしてるという可能性もあるそう?
    • ESETを一時的に終了したが、改善せず。。。。
  • とりあえず、8081に変更してVue.jsを実行する。
$ PORT=8081 yarn run dev

詳細を調べてみるとhostsの設定だった

hostsの設定

  • IPv6 指定がlocalhostに割り当てられているのが原因
$ cat /etc/hosts
127.0.0.1   localhost
255.255.255.255 broadcasthost
::1             localhost

hostsの編集

  • 原因箇所をコメントアウトする
$ sudo vi /etc/hosts
127.0.0.1   localhost
255.255.255.255 broadcasthost
# コメントアウト
# ::1

動作確認

$ curl -v localhost:8080
* Rebuilt URL to: localhost:8080/
*   Trying 127.0.0.1...
* TCP_NODELAY set
* Connected to localhost (127.0.0.1) port 8080 (#0)
> GET / HTTP/1.1
> Host: localhost:8080
> User-Agent: curl/7.54.0
> Accept: */*
> 
< HTTP/1.1 200 OK
< X-Powered-By: Express
< Accept-Ranges: bytes
< Content-Type: text/html; charset=UTF-8
< Content-Length: 324
< ETag: W/"144-+Koybw7A2IzbrCsGVT8Z3o3UXFk"
< Vary: Accept-Encoding
< Date: Tue, 04 Sep 2018 18:18:34 GMT
< Connection: keep-alive
< 
<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0">
    <title>frontend</title>
  </head>
  <body>
    <div id="app"></div>
    <!-- built files will be auto injected -->
  <script type="text/javascript" src="/app.js"></script></body>
</html>
* Connection #0 to host localhost left intact

参考

vue: command not found の話

vue: command not found

父の MacbookPro でハマる

現象

$ vue init webpack-init vue-test
vue: command not found

原因

  • 古いvue-generator(2系)(下のインストールコマンドに見覚えのある方)には問題が発生する。
$ yarn global add vue-cli
  • 原因は vue-cli(3系)を使ってない為。
  • 「which vue」でエイリアス先がわかる。
  • 「ls -la (エイリアス先)」でご本体の場所はわかるはず。そして、削除。

対象方法

  • 新しいvue-genarator(3系)をインストールする
$ yarn global add @vue/cli

参考

Google Homeで現在位置を取得した

Google Home(Google Assistant)で現在地を取得してました。 以前はアドレスも取得できたようですが、現在は緯度経度のみとのことです。

ソースコード

API Ver.は1.Xです。(Firebaseのデフォルトが2.Xなのでご注意ください。)

DialogFlowの設定

位置情報取得許可申請

緯度経度取得